Socialtunes
Socialtunes
プロフィール
rageskit
RSS Feed
メニュー
コンテンツ
ログイン
メールアドレス
パスワード
次回から自動ログイン
パスワードを忘れた方はこちら
Delphi による Windows でのグラフィックプログラミングについての解説書。

解説されている中身は、Windows全般でのグラフィックの扱い方がメインで、Windowsのバージョン間での違いなども含め、かなり細かい部分まで説明されている。他の言語での応用も可能。
コメント
ノーベル賞受賞者である朝永振一郎の量子力学の参考書。

量子力学I ではシュレディンガー方程式を操る典型的な物ではなく、
主に量子論を主体とした、前期量子力学の話題がメインである。

日本人が書いたということだけに、翻訳という作業が含まれておらず、
非常に読みやすい文章に仕上がっている。
コメント
本書は UNIX のマニュアルではない。
UNIX がどのような人間や時代背景の影響を受けて、成長していったのかを解説している本である。

固有名詞などは正直な所わからない部分が多いが、UNIX の設計がどのような思想を元につくられているのかを感じ取ることはできるだろう。

コメント
物理学の世界では名著と言われるランダウシリーズの第一弾。
力学の中でも解析力学を主体とした内容で、完全に理解するには
それなりの努力が必要。

非常に薄い本であるが、エッセンスは詰まっている。

これを読み込んだ後は、同シリーズの
「場の古典論」
に進むのがセオリーです。
コメント
数少ないDelphiの本の1つ。
文法編とリファレンス編の2部構成になっており、文法編ではObject Pascal の基本的な書き方について、リファレンス編ではカテゴライズされた関数や手続きなどを、簡単なサンプルを交えて解説している。

古い内容ではあるが、今でも余裕で現役で使える本である。
コメント