Socialtunes
Socialtunes
プロフィール
ヒロコ (女性)
おさんぽ系ウェブデザイナー。将来のために貯金しようと思いつつ、Socialtunesでいろいろ物色してしまう、だめだめなヲンナ。
1日1冊本を読む。
とか、言ってみるテスト。
RSS Feed
メニュー
コンテンツ
ログイン
メールアドレス
パスワード
次回から自動ログイン
パスワードを忘れた方はこちら
これぞ男の世界ですよ。
漢! ってかんじの、オンナの間には築けない絆のようなものを感じました。
来春の映画も絶対観る。
コメント
CSIとは、
Crime(犯罪)
Sence(現場)
Investigation(捜査)
の略で、CSI科学捜査班とは、昆虫学、血痕、毛根・繊維、要素・元素、オーディオ・ビジュアル分析をそれぞれ専門とするプロフェッショナル集団のこと。
事件が起きる度に現場へ急行し最新の科学捜査技術から昔ながらの捜査方法を用い、残されたほんのわずかな証拠を探り出して犯人や被害者の割り出す、その緻密さにはドラマといえども脱帽ものです。

わたしが初めて観たのは『高度3万フィートの密室殺人』。以来ずっとはまってます。
これまで、海外ドラマはどんなに有名なものでも軒並みダメだったのに、これは時間を忘れるぐらいにどっぷりはまりました。
キャラクターがそれぞれ個性的であることは当然としても、約1時間弱という限られた時間内の中で、ストーリーや演出、音楽、道具、すべてが絶妙に絡み合って綺麗にきちんと収まっていることが素晴らしい。今まで海外ドラマを馬鹿にしてきてごめんなさいでした。CSIでカルチャーショックです。いや、むしろさすがはジェリー・ブラッカイマーというべきでしょうか。
登場人物のプライヴェートが必要以上に出てこないのがまたいいですね。物語が進むにつれて、このキャラってどういう人なの? と知りたい気持ちがだんだん加速していくものですが、うまい具合にチラリズム。小出しにされて悶えるってな感じです。

これはヤバイ。コンプリートボックス大人買いも近いと思われ。
コメント
mixi発。
私はmixiで読んでましたが、仕事中に読むべきではなかった。
何度微妙な顔をして、くぐもりながらくすぶった咳払いをしたかな、私は。

電車男よりこっちが好きだ。
生々しくて!(ヲイ)

でも、二人の考え方というのかな。
特に59番の発言と思考、思いやりの心には脱帽および感激。
世の中にはこんなことを考えている男の人もいるのねぇと、しみじみ思います。

笑いあり涙あり考えさせられることあり。
これはただの恋愛物語ではない。
2005年上半期、個人的爆裂大ヒットな本。

(予想)
映画化かドラマ化か、スペサルになりそうなヨカーン。
コメント
鼻血ブ――ッッッ!!!!!!!
やべぇよやべぇよ!
なんだコレ!?
コメント(2)
この手の本は今まで読んだことがなかった。『Good luck』なんて、見えない何かを押し付けられてるかのような気分にすらなってたし。
これは知り合いが「めちゃおもしろいで」というので、読む時間もあったし、それとなく開いてみた。

冷静に感想を述べるのなら、画期的な試みだと思う。
うん、だからね、この手の本は今まで読んだことなかったのよ!
さくっと読めてしまうし、ファーストインプレッションはとてもよかった。
笑わせてくれたのに、最後は泣かせる憎たらしいアンチクショウ。
人様のおうちで、うっかり泣きそうになってしまいましたよ。滲みはしたが。

毎日がつまらない方に。
自分を変えたい方に。


あ、立ち読みの際は周囲に注意すること。
そんで、ごまかしの咳払いを練習しとくこと。
コメント(1)
本物の、プロのお仕事。
その姿勢と、精神と、ものづくりにかける情熱を、インタビューという形で垣間見ることができます。
そこからデザインとはどういうことか、仕事とは? それに取り組むこととは? などなど、様々に掘り下げていく、オムニバス形式。

こういうの読んじゃうと、モチベーションがあがりますなぁ。
本の装丁も素敵。
なにげにクラフトフェチなので。
ホワイトスペースのとり方も(以下略)
コメント(2)
ウェブディレクターの実情がまとまってます。きれいな部分から、どろくさーい部分まで。
HOW TO本ではありません。
ウェブディレクターというお仕事に、かっこいいものを想像している方へ。
そして現在、ウェブディレクターをされている方へ。
ともすれば、『雑用』係じゃないかとむなしくなっちゃうウェブのお仕事をされている方へ。
胸を張って、自信を持って、自分はウェブディレクターと名乗りましょう。
この本を読めば、自信も誇りも、自然と出てくるはずです。
コメント
正直言って、CSSに関する解説書はこれ一冊で十分。これにリファレンス1冊でもくっつければ他のCSS関連の本はいりません。

ていうぐらいにまじでわかりやすく、それでいてかゆいところまで網羅しており、尚且つわかっていそうでいなかったCSSのなんたらというのが理解できます。オライリーにしては若干心配になるぐらいの厚さですが(笑)
コメント
グリッドシステムについてのアレコレ。
グリッドシステムの歴史(?)からはじまって、グリッドシステムの実際、黄金比などなどなど、実際に存在しているメディアを参考例に解説。
今のデザイン力(レイアウト)から一歩抜け出したいと思っている人には、アイディアを授けてくれるかもしれない。
でも、特にじっくりとなめるように読む必要はないかも。
コメント
これはウェブではなくDTPだけど、アートディレクションというものは、デザインで何をアプローチしていくのか、どのような意味があるのかという点でどのジャンルにおいても共通だろうと思って読んでみました。とかいって、なにげにDTPにも興味があるので勉強してるとこなんですけど。
DTPのことはしょうじきまだよくわからないんですが、読んでいてモチベーションあがります。グワッとね。
コメント
next *
1 2