Socialtunes
Socialtunes
プロフィール
K.Vostok (男性)
高専生18歳
日々無難に過ごしてます
ブログ:"FM俺"的な部屋 http://plaza.rakuten....
とりあえず駄文 http://heavyindustlia...
RSS Feed
メニュー
コンテンツ
ログイン
メールアドレス
パスワード
次回から自動ログイン
パスワードを忘れた方はこちら
ノートPCとかの長いコードにぐるぐる巻かれないのでGood
ストレートとL字とでそれぞれあるけど、首振りできる奴が欲しい
コメント
結構有名だと思いますが、
スイス政府が各家庭に一冊ずつ配ってる、まぁ、有事の心得みたいな本、


で、どんな内容かというと、
普段からの心得から、もしものときの対処法、
さらには、かなりリアリティーのある有事シナリオまで、
特に、スイス占領シナリオは内容として、かなりシリアスです、
っか、全体的にだが、


スイス向けなので、日本人には当てはまらないとこがあったりしますが、
しかしながら、「もしも」のときの心得にはいいかと、


とりあえず、一度読んで損は無い本かと、
コメント
第二次世界大戦のドイツの夜間防空に関する本です、

主な内容としては、夜戦航空団の変遷をメインに、使用機、さらには戦術などにわたって比較的詳しく書いてあるかと、

また、ドイツ対イギリスの電波技術の競争などが書かれています


感想としては、技術面・戦術面からみた防空、というのがとても興味を持てました
コメント
内容はというと、第二次世界大戦時、ドイツ軍の狙撃手ゼップ・アラーベルガーの実話なんですが、
舞台は東方戦線(対ソ)で、ゼップが猟兵から、狙撃手となり、
んで最終的にはソ連軍の進撃から逃れて祖国へ帰り着くという話なのですが、

よくあるこの手の本と違って、決して主人公が英雄として書かれてはなく、
戦場の現実が結構生々しく描かれています(とはいえ、現実には程遠いのでしょうが)
写真等もまあ、言ってみればかなりグロいのがあったりするので、ご注意を

また読み直してみてもいいかなという感じです
コメント
零戦などに代表される海軍機に対して、影の薄い陸軍機ですが、この本では、その陸軍戦闘機にスポットを当てています。

内容としては、メカニック面より、開発・運用の方が書かれていて、どのような背景で開発されたのかが詳しくわかります。
コメント
C++の基本的事項は大体載ってます、
著者曰く、ノートの代わりとの事

授業でも使いましたが、これからC++を勉強するのであれば、役立つのではないでしょうか
コメント