Socialtunes
Socialtunes
プロフィール
ataru
ataru@mixiです。

ここはつまりSNSというより関心空間的なのだな。
しかし最近買っているものの殆どはamazonで取り扱っていないので、私の本当の傾向は表明できないのだな。
RSS Feed
メニュー
コンテンツ
ログイン
メールアドレス
パスワード
次回から自動ログイン
パスワードを忘れた方はこちら
ジャンルとしてはフュージョン系(カシオペアとか高中正義とか、あのあたり)かな?
ただ、メンツがただ者ではないので音に妙にプログレ風味の豪華さがあったり。「飛行船の上のシンセサイザー弾き」当時のリスナーとしては難波弘之の健在が特にうれしい。
コメント
まだ読了していないが、この対談本の内田樹の言葉にあまりにツボにはまる一節があったので書き記しておく。

-- 「原因というのはうまくゆかないもののことである」。これはラカンのことばなんです。
(略)
人間が「原因は?」と訊くのは、「原因がうまくみつからない場合」だけなんです。だからある状態の出現について、単一の原因を求める人というのは、「原因を探し求める」というみぶりそのものによって、「原因がうまくみつからない」という事実を認めているんです。
コメント
この電気ケトル、早い!
ほんとにあっという間にお湯が出来る。
コップ一杯分とかならスイッチ入れて十秒後には音がし始めます。
これならポットに作り置きするよりかえって経済的。

ただ、消費電力1450Wと家庭の電源環境によってはヤバイ代物なので星一個減。
コメント
エイリアン9以降の富沢ひとしは、日本では数少ないP.K.ディック的奇想を描けるSFマンガ家だと思う。
本作では時間軸が混線し、さらに地面の殆どが海になってしまった世界で大正22年(!)の鉄道型艦艇や村上水軍や遠未来?人が入り乱れての戦いが進んでいく。
物語はまだ序盤、この先が楽しみ。
コメント
とりあえず巻末の付録を読む。これだけで値段分以上の価値がある。
次に、付録で書かれたことの実施例として47ページから読む。もし暇だったらその前も。
不毛な後ろ向きの責任追及である「なぜ?」から、現状打破のための「どのようにすれば?」への言い換え、これ重要。

★ひとつ減の理由は、現状の環境ではどうせ実行できんから。
コメント(1)
一応初代リッジからのプレイヤーだから買うでしょ。
これも仕事中BGMとして使用率高し。テンションが落ちてる時に使うと効果大。
でも、もしドライブ中のBGMに使うと免許の点数があぶなくなると思う。
コメント
ひそかに仕事中のローテーション率高し。技巧的なことは詳しくないけど、村治さんのギターは単純に聞いてて気持ちいいやね。
コメント
とにかくひたすら人っ子一人いない東京の町並みが続く「だけ」の写真集。ページをめくっていくうちに巨大な生物の部分アップを見ているようでちょっと薄ら寒くなってきます。
この写真集、どういうトリックを使って撮ったのかと思ったら、実はひたすら人がいなくなる瞬間を待って撮るという気が遠くなるような地道な撮影だとか。その執念に感服。
コメント
年始から四ヶ月間、地道に丹念に全パイロットのステータスを上げ続け、やっと一周目をクリアしました。現在二周目プレイ中。
一本で長い間楽しめるのでコストパフォーマンスは非常にいいです。
一部のステージの難易度があんまりなので★一個減。
コメント(1)
孤独な男が人知れず描き溜めていた絵の中の異質な世界。そこでは両性具有の子供たちと大人の軍隊との陰惨な戦いがひたすらくりひろげられている。これが「美」かと言われると困るのだが、一見の価値あり。高価なので図書館で探すもよし。

2003年、ついに日本に来た原画を見た。大きい。何枚もの紙を貼り繋げて描かれていた。画集も大判だが、原画の異様な迫力はあまりに別格だった。
コメント