Socialtunes
Socialtunes
プロフィール
KOu
お気軽にヲチ、メッセージどーぞー。
December 07 09:11 書籍
ジョブスやAppleの本って、超肯定派と超否定派のどちらかに偏っていて、何か客観的冷静さがないんですが、この本はちょっと違う。
論調はジョブスの悪口ばかりで、いかに酷い奴か!ということばかりが書かれていますが、なぜか読んだ後は「ジョブスはすごい!」という感想を持ってしまいます。
「ほめ殺し」とか、そういうんじゃないんです。

上司に薦められ読んだのですが、「奴はとても酷い奴なんだよ、ホントに。でもね、ああなりたいっていうかスゴいよね、って思えるよ」という何とも訳の分からない薦められかた。
でも読んだ後は、その感想しか出ませんでした。

内容もとても面白いですが、不思議な論調と読破感を感じられる本です。
コメント
※ログインしていない場合、コメントを書き込むことはできません