Socialtunes
Socialtunes
プロフィール
ほんだ (男性)
大学院生です。

インタフェースやコミュニケーションなどに興味があります。
RSS Feed
メニュー
なうぺた
書籍: JavaScript * * プログラミング i JavaScript
書籍: Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~ * * i Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~
コンテンツ
ログイン
メールアドレス
パスワード
次回から自動ログイン
パスワードを忘れた方はこちら
最新のぺた
all
ウェブ2.0の根底には機械によって知を整理、統合できるとする考えがあり、かつて失敗した人工知能の試みにも似たもので、そのさらに奥にはユダヤ・キリスト教の考え(神は自分の姿に似せて人間を作った。今度は人間が自分の姿に似せて知能を持つ機械を作るのだ!)があると著者は説く。

「ウェブ進化論」の梅田氏を筆頭とする日本のウェブ礼賛論者の言っていることは、米国万歳、グローバリズム万歳といった古臭い古典的進歩主義であり、それがもたらすのは決して明るい未来ではない(例えば、アメリカ的格差社会とか)。

彼らの本音はグーグルやアマゾンといった米国のウェブ2.0企業のおこぼれに自分達もあずかりたいといったところではないだろうか。

そのようなウェブ礼賛論者達に日本は迎合してはならない。というのが著者の主張。

ウェブ進化論だけ読むのもいいが、こちらも読んでみるといろいろ考えさせられていいと思う。

http://d.hatena.ne.jp/endor/20070907/p1
個人的には同意できない意見も多々あるけれど、ニコニコ動画がこんなに流行るとは思ってなかったとか、Web2.0が言っていることがそもそもはインターネットができたときに言っていたことと同じだとか、なるほどなあと思わせられることがいろいろとある。

ひろゆきという人は世の流れに対してとりあえず否定してみるというか、天邪鬼みたいな性格の人なんじゃないだろうか、でもその語りはかなり論理的で、的を得ていたりする。

結論はどうあれ、この人の世の中を見る目が正確であることは間違いないので、いろいろと参考にはなります。

http://d.hatena.ne.jp/endor/20070817/p1
経営論というよりは、本田宗一郎の技術者、あるいは経営者としての哲学を、自伝とともにまとめた本。

とくに宗一郎やホンダという会社がいかに技術を大事にしているかがよく伝わってくる。

ホンダは言うなれば研究開発型ベンチャー企業の先駆けで、初期の開発ストーリーなども交えているので、これから起業しようとする人は一度読んでおいてもいいんじゃないでしょうか。

http://d.hatena.ne.jp/endor/20070817/honda1
次のウェブはこうなる、ということよりは、今のウェブで起こっている現象について、いろいろな例を挙げながら説明している本。

本書ではまず日本のWeb2.0の「源流」としてクインランドとオウケイウェイブという2つのベンチャー企業の例を紹介する。

あと、情報大航海プロジェクトについての話が面白かった。

よく「日の丸検索エンジン」という言い方をされていて、僕も「日の丸検索エンジン?そんなの成功するわけないよ」と思っていたのだけれど、実際にはGoogleに対抗して国産検索エンジンを作るというような話ではなく、自然言語に限らない、ありとあらゆるデータを整理して検索するための技術を育成するための壮大なプロジェクトなのである。

確かに経済産業省が行ってきた巨大プロジェクトは失敗例が多いけれども、この情報大航海プロジェクトはうまく行って欲しい。

ウェブ進化論の梅田さんの理想主義に比べれば、佐々木さんはしっかりと地に足の着いた現実的な論を展開している。

Web2.0の世界で何が起こっているかを知りたい人にはかなりオススメ。

http://d.hatena.ne.jp/endor/20070812/p1
自分が思っている以上にお金というのは人生を左右していて、家族関係をもお金に影響を受けている。とくに両親のお金に対する経験や考え方というのは自分に強く影響しているというのが印象的だった。

http://d.hatena.ne.jp/endor/20060823/asin4479790926
all