Socialtunes
Socialtunes
プロフィール
mono (女性)
スキューバダイビング大好きな看護学生monoです。
興味のあることにはとりあえず首を突っ込んでみるタチでありますヽ(´ー`)ノ
RSS Feed
メニュー
なうぺた
書籍: 天国の本屋 (新潮文庫) * * 小説, 借りたもの i 天国の本屋 (新潮文庫)
書籍: 負け犬の遠吠え * 借りたもの i 負け犬の遠吠え
書籍: 言いまつがい (ほぼ日ブックス) * 借りたもの i 言いまつがい (ほぼ日ブックス)
コンテンツ
ログイン
メールアドレス
パスワード
次回から自動ログイン
パスワードを忘れた方はこちら
最新のぺた
all
映画『天国の本屋〜恋火』の原作シリーズ第2作目。今回は映画とはまったく違ったストーリーとなってます。
おなじみのヤマキは出てくるものの、現世と天国の世界の境界がわかりにくくて最後のあたりは「?」連発。イズミと長一郎の触れ合いは好きですけどね☆
作中に出てくる絵本(『むくどりのゆめ』、『スーホの白い馬』)を自分でも読みたくなる、そんな物語です。
本屋でそのタイトルに吸い寄せられ、次の日には図書館で借りてしまっていた本です(笑)
なんと30年以上も日記を書き続けているヒトの日記術。過去の思い出を残すための日記ではなく、自分の未来をつくっていくための日記。マイナスなコトバは使わない、うまく書くことよりも具体的に書くこと、自分にとって大切なことを書くこと。そしてその日記を読み返すこと。
うん、なかなかタメになりました☆とりあえず日記を書いてみようと思わせる一冊です。
ちょこっと自覚があったので読んでみた本。この本でのタイプによると自分は「完璧主義+先延ばしののろま」なのかなぁなんて思う。
優先順位をつけてほどほどの合格点を満たせばいい、とにかく締め切りは守る、時間の使い方にメリハリをつける(徹夜すりゃいいや〜じゃダメ)、一発満点合格<修正しながら合格点(判定:効率のよさで優勢勝ち)など色々なアドバイスが満載!のろまから脱却するチャンスをつかめるかもしれません☆
映画『天国の本屋〜恋火』の原作シリーズ第一作目。
本作の主人公であるユイとサトシの話は映画の中にもちょこっと出てるんだけど、この二人の話だけに注目するならやっぱり原作がいい!最後の最後はあたしとしてはちょ〜〜っと物足りなかったけど、それでも十分すぎるくらいに感動しました。
サトシが一体どんな読み聞かせをしてたのか、実際に聞いてみたいもんだなぁ。
あの『夢をかなえる人の不思議の手帳』の藤沢優月さんの本。
「今、ここ」を満喫して生きるための時間の過ごし方についての様々なアイデアたちが詰まってます。
その中であたしが好きなのは、「まいにち60%の法則」と「今からじゃ遅すぎる」なんてことはないってこと。
まいにち60%の法則はうまーく肩の力を抜いてくれる感じでお気に入りです。
all