Socialtunes
Socialtunes
プロフィール
ヒカル (男性)
ピロウズ好き
デジモノ好き
漫画オタク
RSS Feed
メニュー
コンテンツ
ログイン
メールアドレス
パスワード
次回から自動ログイン
パスワードを忘れた方はこちら
最新のぺた
all
 五本の指・コルクマリーの正体が遂に明かされる。
 そして、切り裂きマリーの大虐殺。

 アダラパタとの会話が、あまりにも普通すぎてそれがかえって怖い。
 そして何より、まさかここでカミッツが退場するとは思わなかった。

 先が気になって気になってしょうがない漫画。
 ひたすらダークだ。
 そして、相変わらず美少年少女の扱いがヒドイ。だが、それがいい。

 独自の世界観が、巻が進む毎に形成されていく。
 20年前の出来事は、アシェリートの視点で描かれてきたわけだけど、グレンが語ることは全て異なる。では、全てが偽証なのかというと、それもまた少し違うようにも思える。
 とりあえず、シュテムヴェレヒとバレスターはどうしようもない悪人なわけだけども。

 発刊ペースが遅いんで、とりあえずまた0巻から読み直すかねぇ。
 物語は北へ。
 イシュヴァール編はともかく、ここ数巻の流れは停滞気味だったので、舞台の大きな変化はまた面白い流れを引き寄せそうにも思う。
 カバー下の背表紙に誰も乗っていないのが、かえって珍しい気すらするこの漫画(カバー下背表紙=死者)。

 ちなみにオレも、錬金術の基本法則=等価交換の原則、よりもアームストロング少将の、もぎ取れるだけもぎ取る方式の方が好き。
 エルリック兄弟は、法則に縛られてるような気がするよね。
 砂男が敵、という衝撃は単行本で読み直してもまだ残る。
 物語のオープニングを飾った男が、まさかここで立ちはだかるとは!
 さすが荒木! オレたちが少しも想像しないことをあっさりとやってのける! そこにシビれる! あこがれるぅ!

 まぁ、サウンドマンはご愛嬌で…・・・。
 温かみのあるグラフィックに、適度に骨のあるアクション。
 ステージをクリアするだけならカンタンなんだけど、スコアを100点にするのには頭を悩ませる。
 そのバランスが絶妙でたまらない。
 スーファミ版が楽しかった人だけじゃなく、アクションゲームが好きな人、グラフィックが気に入った人にもオススメ。
 ヨッシーの仕草と鳴き声がかわいいので、それだけでもお腹いっぱいになれる名作です。
all